2014年05月21日

クロニタスを芳香剤と併用したら良い香りはどうなるの!?を検証

こんにちはchicoですわーい(嬉しい顔)
突然ですが、GPPは香りを扱う会社です

香りって、ものすごくたくさんありますよね
その時の気分に合わせて香りを選んだり、
元気を出したい時やリラックスしたい時に香りの力を借りたり・・・

私は香りなしでは生きていけません(笑)

香りを楽しんでいただくものを作っている会社なのに
消臭してくれるクロニタスも作っています

なんだか矛盾?

そんなことありませんひらめき
以前にもご紹介しましたが、
クロニタスの消臭効果は、いい香りを残して、嫌な臭いを消してくれます!


そこで、こんな検証をしてみました

〈検証に使う物〉

・同じ香りのルームフレグランス 2つ

クロニタス 抗ウイルス・除菌 置き型ボックス 無香料 1つ


まず、ルームフレグランス 1つと、クロニタス 抗ウイルス・除菌 置き型ボックス 無香料を部屋の隅に設置します

芳香剤併用 5.20用@.jpg

※検証のため、あえて近づけて置いています

次に、もうひとつのルームフレグランスを同じ環境の別の部屋に設置します

芳香剤併用 5.20用A.jpg


1週間、このまま置いてみました
1週間後、香りはどうなっているでしょうか ・・・


1週間後、クロニタスつきのルームフレグランスと、クロニタスなしのルームフレグランスの
香りを嗅ぎ比べてみました

香りをお伝えできないのが残念ですが・・・
どちらも同じくらいのいい香りが漂っています!

ちなみに検証に使ったルームフレグランスですが、
GPP人気商品のサンハーブ グレープフルーツの香りです
さわやかですっきりとした香りなので、夏にぴったりです
写真に写っているのはこちら(http://www.gpp-shop.com/shop/g/g12704003/)のルームフレグランスですが、
昨年、パッケージと香りのラインナップがリニューアル。
ルームフレグランスにはスティックにポンポンがついて、さらに可愛くなりました(絵文字)


sunherb-グレープフルーツ.PNG



クロニタスを年間を通じてご使用いただきながら、
ルームフレグランスは季節に合わせて選んでみては?
posted by GPP(グローバル プロダクト プランニング) at 00:00| Comment(0) | 全般

2014年05月19日

クロニタスはキッチン用品に使ってもいいの!?スプレー使用の注意点!

沖縄は梅雨入りしました雨
沖縄以外の地域も、そろそろ梅雨入りです。
カビや、菌に、気をつけたいですねあせあせ(飛び散る汗)

クロニタス 抗ウイルス・除菌スプレー 無香料は使用上の注意をお守りいただければ、
お鍋や包丁、まないた、シンク周りなどのキッチン用品にもお使いいただけます。


【使用方法】
@除菌したい調理器具にスプレーをします

※対象物から20cm以上離して吹きかけてください。
※「食」にかかわる器具ですので、無香料タイプをお使いください。
※対象物が乾いた状態でお使いください。


A吹きかけたら1〜2分程放置します
この1〜2分の間に、二酸化塩素は菌やウイルスに働きかけます。

B水洗いをして、清潔な布で拭き取ってください。


なお、クロニタス 抗ウイルス・除菌スプレー 無香料は食べ物ではないので、
食品への使用は絶対にお控えください。


スプレー キッチン用品D.jpg

クロニタスは台所のシンクにもお使いいただけます。

二酸化塩素には若干の腐食作用がありますので、
金属やステンレスなどのシンクへ使用する場合は、
スプレー後、1〜2分ほど置いた後に、水で洗い流すことをおすすめします。
二酸化塩素は高温や直射日光に弱い性質をもちます。
高温になる場所および直射日光の当たる場所を避け、20℃以下の暗所に保管してください。
※ガスコンロ周りでは絶対にご使用・および保管をしないでください。


夏場は冷蔵庫の中に入れての保管をおすすめします。
ちなみに、クロニタス スプレーは
冷蔵庫の中で使用しても、問題はございません。
ただし、冷蔵庫内の食品にかからないようにご注意ください。


クロニタスを使った調理器具で、
料理をつくってみました♪
おいしくできたかな〜?
キッチン 料理.jpg
タグ:スプレー
posted by GPP(グローバル プロダクト プランニング) at 00:00| Comment(0) | 使用用途・方法

2014年05月13日

二酸化塩素は世界中でどのように使われているの?二酸化塩素の最新情報

GWも終わり、少し落ち着いてきたころですね
最近はイベントや行事の内容が多かったので、
今回は少し真面目なお話です

クロニタスの成分である二酸化塩素が
今日のように一般品として普及されるまでの
二酸化塩素のストーリーをご紹介します

二酸化塩素は19世紀 イギリスの科学者ハンフリー・デービーによって
発見されたと言われています

二酸化塩素は強い酸化力(フリーラジカルによる)
をもち、抗ウイルス、除菌、消臭、防カビ等に効力があります

※使用状況により、効果は異なります

二酸化塩素はガスなので、民生品での製品化が難しいとされてきました
クロニタスは、様々な形態での製品化に成功し、幅広いラインナップで皆さんにご活用いただけます
また欧米では、浄水場やNASA、米軍などが二酸化塩素を導入した経緯があります

《日本国内における用途を一部紹介》
製紙業界・・・紙パルプの漂白
飲料水・・・摂取
食品添加物・・・小麦粉処理剤
遊泳用プール・・・プール水の消毒

※業務用としての用途ですので、ご家庭での使用はおやめください
引用:社団法人二酸化塩素工業会http://chlorinedioxide.or.jp/clo2

《海外での利用事例》
2001年に米国で起こった炭疽菌テロでは除菌処理の際に二酸化塩素ガスを利用したり、
2009年に韓国で発生した口蹄疫では二酸化塩素で除菌処理が行われています


さらに、日本で一般的な次亜塩素酸ナトリウムに比べ、二酸化塩素は低濃度かつ短時間で効果が
得られることや、発ガン性物質などを生成する可能性が低いことが特徴です

次亜塩素酸ナトリウムと比べ日本で認知度が低いのは
二酸化塩素は非常に不安定であり、生産維持することが困難であったことや
費用も高価であったため、商品化することにリスクがあったからです

ですが、研究が重ねられ日本でも徐々に取り入れられるようになりました
まだまだ定着していない分、いろいろな改善点はありますが、
クロニタスも二酸化塩素を使った商品ですので
安心して使えるように日々改善に努めて参ります

クロニタスシリーズ 5.13用2.jpg
posted by GPP(グローバル プロダクト プランニング) at 00:00| Comment(0) | 全般