2014年03月11日

東日本大震災 震災時に必要な防災グッズ10

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された地域のみなさま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災の発生から、3年が経ちました
今でもなお復興作業は行われています

地震発生後、被災地では、風邪や感染症対策も
国の取り組むべき急務でした。

1. 被災弱者の発生(体力消耗・睡眠不足・栄養不足・精神的ストレス・自然免疫力の低下 )
2. 感染経路の質的・量的変異化(上下水道・住居環境・害虫、媒介動物のコントロールなど)
3. 消化管感染症、呼吸器感染症、アルボウイルス感染、その他のウイルス性感染症
4. 動物由来感染症、皮膚感染が時間経過とともに発生

このように、感染症だけとっても、
取り組む課題は山積みなんですね。

もうご用意されているかもしれませんが、
非常食や飲料水、衛生用品等には使用期限も
あるので、いまいちど確認してみましょう。

非難用具とクロニタス.png

【あると便利な非難用具】
 1.非常食、食料
 2.水(飲料水)
 3.食器
 4.衣類(防寒具等)
 5.現金
 6.器具(懐中電灯、ラジオ、時計、携帯等)
 7.薬、救急セット、衛生用品
 8.貴重品
 9.器具(工具、ヘルメット、はしご等)
 10.その他

わたしもこの機会に防災グッズを見直し、
防災グッズの衛生用品として、
クロニタス抗ウイルス・除菌スプレー」と
クロニタス抗ウイルス・除菌汚物・吐しゃ物処理パウダー」をプラスしました。

参考にしていただければ幸いです。
posted by GPP(グローバル プロダクト プランニング) at 00:00| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: